忍者ブログ
私がプレイしたゲームの事について なるべく事細かに感想や思った事などを 書き連ねていきたいと思います。 ネタバレ全開になると思いますので。 ご覧になる際は注意してください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このたびは このレビューをご覧いただき
ありがとうございます          A

このレビューは次のどちらかの方法で御覧になる事が出来ます。
     パソコン     ケータイ          A


最初期のWiiリモコン スマッシュブラザーズXのしすぎで 一部欠けてるぜ
ってなわけで 今回からは『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』のレビュー・・・というか
何と言うかをやってみたいと思います。1ヶ月ほど暇が出来ましたので。
ゆるりと 濃密な世界にハマっていきたいと思います。
この最初期のWiiリモコンにWiiモーションプラスを装着して遊びますよー。
単三電池もこれだけあれば大丈夫だろう。
スカイウォードソード自体は ニコニコ動画で「音声だけ」は最初から最後まで聞いてはいます。
文字通り「音に聞く」このゲームの素晴らしさ 実際に味わってみようと思います。

結構 関係のないネタなどを書くかもしれませんが。
ご容赦ください。

さて、今回は前書きなので あまり面白くないかもしれませんが・・・
私のゼルダの伝説のプレイ暦は ずっと昔に『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』をやっただけです。
正直 結末が衝撃的すぎて トラウマになったぐらいなので ゼルダの伝説は嫌いでした。
だが、時がたって色々と『トワイライトプリンセス 最速クリア』とかの動画を見たりして(スタイリッシュ前転アクション)
トラウマは払拭されました。

『スカイウォードソード』はWiiリモコンとリンクの剣の動きが まさにリンクして 自由な動きで斬れる。
しかしこれによるちょっとした弊害が・・・
個人的に私は「リンクは絶対に左利き」と 考えている人間なので
基本的に右利きの人が多いためWiiリモコンを右手で振る人に合わせて
リンクも右手で剣を持っている(鏡の世界だという設定を信じたい)のがどうしても許せなかった
『トワイライトプリンセス』時代・・・
でも、そんな事を気にしていたら 楽しくゲームで遊ぶことなど出来ないので。忘れる事にしました。


さて『スカイウォードソード』を遊ぶためには 「Wiiモーションプラス」か「Wiiリモコンプラス」が
必要になるのですが。 私は既にWiiリモコンを4つ持っているので「モーションプラス」の方を買うことにしました。
あちこち探しても売り切ればかりだったので。
私の「アンチ任天堂」の友人が一人暮らしから帰ってくるので 丁度いいので何所かで探して買ってきてくれ 報酬は20000ペリカだ
という約束の元 買ってきてもらうことにしたのだが・・・
「Wiiリモコンプラスしか売ってなかった」そうだ・・・
ゲームで一度に使えるWiiリモコンは4本・・・5本目は敵になるかもしれない・・・じゃない
持っていても無意味 無価値  よつて 今度どこかに売り飛ばしてくる。

では 早速少しだけ進めてみようか Wiiモーションプラスの付け方をムービーで確認出来る。約3分
Wiiモーションプラスが手に入らなかった私に対する嫌味だろうか(笑)
ヌンチャクに備わっている意外なパーツ?というか部分を発見する! なかなかこのムービーも面白かった。
とりあえず、まずは実験でただのWiiリモコンとヌンチャクだけでゲームを始めようとするが


詰んだ 進まない・・・

では気を取り直して「Wiiリモコンプラス」を使って遊ぼうか・・・なぜか反応しない
そういえば 何か Wii本体との何かをしなければならなかったはず。
そうだ、シンクロだ シンクロ作業にアタフタ 本体の左の方の扉を開けて赤いボタンを押す。
ついでに3時間ほどズレていたWii本体の時計を直す。
38000ペリカのWiiリモコンプラス
この下のアルファベットが Wiiリモコンプラスである証 単三電池も2本新たにゲットして

さぁ、全ての準備は整った。
後は 遊ぶだけだ。 続きはまた後で・・・

ないよ <<前の記事  現在の記事  次の記事>> こっち

拍手[0回]

PR

このたびは このレビューをご覧いただき
ありがとうございます          A
以下略


と言う事で早速始めましょう

さて、始まりました、まずは公式ホームページで見る事が出来るムービーが流れる
古の伝承 というムービーですね。

冒険のしおりを選んで 名前を入力して冒険開始ですね。
色々と名前を入力してみて実験したかったのですが 素直に『リソク』じゃなくて『リンク』として
冒険開始 ちょっとだけへそ曲がりに 一番下の緑色のしおりを選ぶ。
「夢をみる島DX」の時は ちょっとだけ罪悪感を減らすために最初から『ドロボー』っていう名前にしたっけ
理由が知りたい人は ご自分で調べてみて下さい。

まぁ、完全攻略が目的のレビューではなく あくまで感想や思った事メインのレビューなので
補えきれない部分や間違ってる部分などが多々あるかもしれませんし、 すっ飛ばしたりもしますので
そのつもりで、
一番最初のムービーを終える、 手紙をペッ
さて、リンクを動かせるようになった、ちょっとほったらかして観察する。
リンクの部屋を回ってみる。 タンスの中から5ルピー 青ルピーが出てくる。
その他タンスの中に入っている物は ペナント? 本 木刀らしき物体 壺とか・・・  服を入れようぜタンスには

リンクの部屋の机の上には トンカチとノミと掘りかけの鳥の彫刻らしきものが置いてある。
リンクの趣味だろうか? 本棚の上には色付けが終わった鳥のようなものと猫?のような物の彫刻が置いてある。

今作はAボタンを押していたらダッシュが出来る 頑張りゲージと言う物を消費するので走りっぱなしは出来ないようだが (マリオに負けてるぞ)
ダッシュ中にヌンチャクを振ると前転が出来る。

とりあえず 壁に向かって前転 震動で置いてある花瓶を落っことして割って 部屋の外へ (大丈夫だ 次に部屋に入った時には元に戻っている 一部例外があるらしいが・・・)


とりあえず 今回のリンクは 騎士学校に通う生徒という設定があり、 もちろんその同級生や先輩などがいるという設定なのだが
詳しくは書かない事にする。 って言うか文章が下手なので伝えきれないと思う・・・

キコア先輩に出会う。 熱心に教室の外に張られた張り紙を見ている そんなに面白い事が書かれているのだろうか?
教室の中には実技担当のアウ―ル先生が「周りを見渡す時はCを押せ カーソルがズレてるなら十字キーの下を押せ」 メタ発言頂きました。
教室の黒板の右下に愛愛傘が描いてある。 いつの時代 どの世界でも 考える事は同じかよ

なるべく逐一細かく書きたいけど どんどん遊びたいので・・・うーん悩むぅ

セバスンという 頼りない って言うのを見事に体現したようなキャラクターなどに出会う。



そんなセバスンに代わって 樽を運んであげるというイベント
うーん 何か微妙にカッコ悪い・・・
報酬はバイト料の半分 赤ルピー 20ルピー
樽の他においてあった壺を Wiiリモコンをボウリングのように振ると転がせるので
壺を転がして校舎の外へ

騎士学校の校舎2階に上がるのをすっかり忘れたまま外に そこで 恐らく学科担当のホーネル先生だと思う に出会う。
崖に向かって進めば 「オートジャンプ」が出来るそうだ 「オート・・・いい響きだなぁ」
しかしこのオートジャンプがよくあるダイナミック自殺の原因になったりするのだろうなぁと思う。
ゲポラこうちょうのミーちゃんを連れてきてほしいと頼まれる ミーちゃんはほら あんな所に・・・って
カメラが結構遠くの屋根の上にズームする
あなたの目はどんな構造だ?
とりあえず ミーちゃんの所に行く、やはり操作にまだ慣れてないため 何度も落ちる
でも・・・こういう風に少しずつやれる事を増やしていき、自然とその操作方法を練習させるのは
流石任天堂 上手いなぁ と感じる。
そして ミーちゃん お持ち帰り―

ショップモールの方向にはまだ進めない。


橋の近くに合った模様
マインクラフト っていうゲームのあれ っぽい模様 不気味不気味


とりあえず、女神像?だったと思う そこにいるゼルダと校長に会いに行く、 色々とグルグル探検しながら
向かっていたら 全く関係ないところからイベントが発生するエリアに入り込み 長いイベントが始まる。
とりあえず、 リンクは『選ばれし者』かもね って事らしい。

さて、ゼルダのリンク殺人未遂事件・・・じゃない なんだかんだがあって
リンクのロフトバードを探しに行くことになる。

スカイロフトのショップモールに進める道が通れるようにフラグが立つ。

看板発見 看板は正面から読みましょう。

色々な登場人物の家の中にもお邪魔する事が出来る。 ハリボテの家だらけの某ゲームとは大違いだ。
その名前は忘れましたが誰かの家の中で・・・
『他人のタンスを無断で開けるものではない』 DQ歴代勇者一同「な 何だって―!!!!」
またこの人もタンスに服を入れてない。
クーコの家にてようやく服の入ったタンスを発見。

バド・ラス・オスト達に接近してイベント発生
真っ赤なフライドチキン byバド
すごい髪型だ byリンク
うるせぇ 俺様の美学にケチつけるんじゃねぇ!! byバド

まぁ、こやつらがリンクのロフトバードに何かしたのは 火を見るより明らかですね。
その三人はそれぞれ自分のロフトバードで飛んで行ってしまう。
キャラクターそれぞれの口笛の音が微妙に違う こういうのを作りこみって言うんだろうな。

ダッシュが使えるようになった今回は色々とスピーディだ。
校舎の中に入り 見逃していた張り紙を目にする
「校内の廊下を走ってはいけません」 ・・・サーセン だが断る
でも微妙に校舎の中ではダッシュの速度が遅めになっている。

なんだかんだでキコア先輩を探せということになる そして見つける そしてついに剣を入手するに至る。
さぁ、 アンチ任天堂の友人に買ってきてもらったWiiリモコンプラスの感度を試してやるぜ。
剣の入った宝箱を開ける時に 今ゲーム初のゴマダレ一本

任天堂は ゼルダの伝説のよくあるあのジングルが 「エバラのゴマダレ」 って言われてる事に対しては
何と感じてるのだろう?

丸太を使っての剣の練習 Z注目で丸太に注目してると 勝手に丸太がこっちを向いてくれる おぉ親切。
使い勝手は上々 これは楽しい 道場で剣の練習がいつでもできるのだが これだけでもとても楽しい。

シーカーストーンと出会う。 謎が解けなくなったらここへ来い ということらしい。 ま 私は使わないがね。

剣で看板を斬る事が出来た。(大丈夫だ 次に来た時には(ry )

色々あってリンクのロフトバードを救出。
リンクのロフトバードは絶滅したはずの紅族 というものらしい よって リンクは 『選ばれし者かも』ってな感じのようだ。

ようやくロフトバードに乗れる。

ってなわけで 今回はこの辺で
最後の方駆け足気味になったり 訳のわからない事ばかりだったりしたかもしれませんが
色々と書いていきたいと思いますので
よろしく。


フラグが立つまでこの橋は渡らせませんよ ってな感じの奥様方の井戸端会議の図

あっち <<前の記事  現在の記事  次の記事>> こっち>

拍手[0回]

鳥乗りの儀で優勝を目指す。 創立25年に当たる節目の儀式のようだ。
ゼルダの伝説自体も25周年。 こういうのは内輪ネタというのだが、認められる内輪ネタだね。
くれぐれも 物を投げたり体当たり等をせぬように。
バド ラス オスト リンク の4人が参加者
一番最初に黄色いロフトバードに付いてある木彫りの鳥をとったものが優勝。・・・優勝はまたニュアンスが違うような
気もするが。
とりあえず、優勝しないとお話が進まないので 1分ほどで終わらせる。

そしてリンクが勝利 ゼルダからパラショールをもらう ゴマダレ2本目
パラショール             ・・・ほのかに いい香り・・・

ゼルダがハープを弾いているのだが そのハープの弦がちゃんと動く 細かい。
最後は巨大な女神像の手の上から下にある丁度丸っこい模様の部分にリンクが飛びおりるというもの
どこかの民族に 高い櫓を作って そこから飛び降りる事が出来なければ大人として認められないというものがあったのを思い出す。
まぁ、パラショールを手に入れたことで これからリンクはどんなに高いところから落ちても
Bボタンでパラショールを開けば安全に着地出来るようになった。 しかし、この使い方は本当に正しいのかどうか・・・ 絶対千切れたりしてしまいそうな気がするが 気にしたら負け。
せっかくの場面なので ギャラリーも何人かいればいいかなとも思った。

ゼルダ「少し散歩してから帰ろう・・・」 フラグにしか聞こえませんぞ。

案の定 ゼルダが落下 リンクも気絶。
気が付いた時はリンクの部屋 ゼルダは行方不明。 タンスの中からまた5ルピー

不思議な声を聞き その声の元へ進む まぁ、ファイというキャラクターで、
進むべき方向に浮かんでいるのだが どう見ても幽霊とかそんな感じに思える 現実世界なら絶対に付いて行きたくない。

女神像の前まで行く、 正面玄関的な物が閉じられていたので 裏から回り込む この道は前にわざわざここを通ってゼルダの元に来た時に通過済み。
女神像の中に入る。 月と女神像が重なって 女神像がパラショールを開いているかのように見えた。

女神像の中で剣を抜き天に構える 女神の剣を手に入れた。

石板を台座にはめ込み ついに大地に降りられるようになった。

そしてついに あの緑色の服と三角帽子をかぶり、 多くの人の見知ったリンクの姿となった。

ファイが仲間になった事により 十字キーの下で 色々な人の情報を調べられるようになり 楽しさがUP
騎士学校の今までは入れなかった部屋にも色々と入れるようになった。

バドのへや サンドバッグにリンクの似顔絵の張り紙 壁にバド自身の肖像画を掛ける。
でっかい羽根を飾る  いいセンスだ。

校舎の外にいたアウ―ル先生から「木の盾」をもらう。 先生はこんなものを持って何をしていたのだろうか
それに、基本的にこのスカイロフトに住んでる人々は剣術の練習などを行っているようだが。
一体何と戦うつもりなのだろうか? まぁ、護身用だろうとは思うが。

ファイで人々の情報を調べたり、スカイロフトをうろうろと動きまわるのが楽しくて このレビューに書く事のメモを取るのを忘れて楽しむ。

ゲラン 高所恐怖症 このスカイロフトに住むのは 少々酷ではありませんかね。

メモを取るのを忘れて突き進み ショップモールとかも回ったり それら旅の準備を済まし
ついに大地へ『封印の地』へ降り立つ。
本格的に魔物が出現し 戦うのだが 何だろうか、 うまい具合に剣が扱えない。
まぁ、これは長い事ゲームをプレイして 私自身が経験値を溜める事になるだろう。
封印の神殿の中で インパに合って 封印の神殿を抜けて フィローネの森へ 教えてもらったのろしもきちんと見える。
あ、 この鳴き声は あれだな

ボコブリンという敵を倒し
ゴロン族のマルゴと出会い 鳥のモニュメントとか古代のロマンについて色々と熱く語られる
リンクが鳥のモニュメントを調べると それが光る。

マルゴ「今なにをしたゴロ?」
リンク「セーブです。」


フィローネの森を色々と探索する。 そしてあのキャラクターと出会う。
「今度は緑のがいるキュ!」

5%の確率でゼルダ姫であるという キュイ族のマチャーと出会い 本日はこの辺で終了。

あっち <<前の記事  現在の記事  次の記事>> こっち
 

拍手[0回]

森のキュイ族たちから ゼルダについてのじょうほうを集める そんなところからゲーム再開

斜面に居座るデクババという まぁ、パックンフラワーみたいな敵
書いてはいないが 前回 坂道を滑る途中そいつにぶつかり 残りハート一つという危機的状況にされたこともある。
今回はその斜面の上にある岩を転がしてデクババにぶつけて押しつぶす。
押しつぶれるグラフィックが別にあるわけではなかったのがちょっとだけ残念。 でも倒せた。

キュイ族の長老のギョクローを発見 デカイ デカイ
背中の コブ は 体の成長とともに 一緒に大きくはならないようだ。

森を探索中 盾が今にも壊れそうな事をファイに注意される。

キュイ族を全員見つけて ギョクローから おなじみのアイテム パチンコ をもらう。
デクの種を打ち出す。 デクの種は苦いので痺れる効果があるらしい。

スパスパきれる木を夢中で斬りまくる、 そこら中の草という草を徹底的に刈りまくる。 どんどんルピーが溜まる。
財布がいっぱいになってしまう 300ルピー ファイから忠告を受ける。
いったんスカイロフトに帰り 買い物をする事にする。

テリーの店 で虫とりアミを購入 予備の財布も購入 これで600ルピーまで溜められる 最終的には 9900ルピーまで溜められるようになるみたいだ。 間違ってたかも・・・
それにしてもテリーの店 自転車を漕ぐという動作だけで あれほどの物体を空中に浮かばせるとは
エネルギーの変換効率が謎すぎるぜ。

ショップモールにて ドルコに盾を修理してもらい
コーキンの店でタネ袋小も買う 「お客様は神様です」    はぁぁ・・

買い物も済んだところで 再びフィローネの森へ・・・
途中大空で赤ルピーを持ったロフトバードが飛んでいたのだが ぶんどる事は出来なかった。

フィローネの森に戻り 早速購入した虫とりアミで虫とりに夢中になり、 ルピー集めに夢中になり。
通り魔的にそこいらに居るボコブリンをとどめで倒しまくったり。 ついつい冒険の目的を忘れてしまう。
気が付けばまた スパスパきれる木を・・・

ストーリーを進めるため 森の奥へ
ゴロン族のマルゴと再会 「女神キューブ」の謎を解く まぁぶっちゃけ スカイウォードをぶつけるだけなのだが
マルゴ「結局謎は深まっただけゴロ」

森の奥の神殿に到着
ファイ「建物の内部から多数の魔物の気配」
リンク「やめとく」
ファイ「恐怖は生物の防衛本能です。恥じる事はありません」
ま、どんな質問であれ 結局行く事になるのです。

『大地に舞い降りし者よ 天を望んで羽ばたく鳥の指し示す星を撃ち抜け』

このラミ・・・赤色の菱形の物体ですね。

天望の神殿 あぁ ダンジョンか 「夢をみる島」の カメイワ 以来だな。

最初のダンジョンであるが なかなか難しい

『一つは上に 一つは下に』

まさかこんな所にあるとは・・・30分くらい迷ったぜ

地図を手に入れ 小さなカギを手に入れ
大きな部屋の鳥のモニュメントでセーブをして

本日はここまで。

あっち <<前の記事  現在の記事  次の記事>> こっち

拍手[0回]

天望の神殿のどこかにいる ゼルダを捜す そんなところからゲーム再開。
 「さがす」という字は「探」こっちの漢字もあるが この場合は 「捜」こっちのようだ。 日本語は難しい。

今日はなんだか手が痛くて調子が悪い。 こんな時はプレイを控えるべきだが・・・

そこらへんにいる敵を倒しまくっていてふと思う 「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」の時には
敵を倒した後 シャキーーン とカッコよく剣を納めるのだが、 今回はその演出が省かれている。 ちょっと残念 カッコよかったのに。
まぁ、今回のリンクは カッコよさ とはまた違う魅力を持っているので それはそれでいいのかもしれないが。

中央の部屋で 中ボスのスタルフォスが出現 
死者から生まれた骸骨兵士 
生前は並の兵士
ガイコツになって腕が上がった・・・ナゼ 体が軽くなったからか?

まぁ、地元で最強と言われる私のゲームの腕前をもってすれば こんなのオチャノコサイサイだぜ。
落ち着いていれば 簡単に倒せると思われる。 動きのパターンは少なく、 見切れるでしょう。

そして、 アイテムの『ビードル』を手に入れた。  元々はロケットパンチになる予定だったみたいだね。
空中を 比較的自由に飛びまわって 遠くのものをとったり、 糸を切ったりするのに使う。
パワーアップして爆弾を運んだりもするようになるようだ。

そんなビードルの初仕事は スタルフォスの部屋から出るためのラミエルを攻撃して閉ざされた扉を開く事。

ビードルで 吊られた箱の ヒモを切る
赤ルピーが出てきたが、あまりにも遠くからビードルを発射してしまったため 取りに行く前に赤ルピー消滅 orz

ビードルにより探索の幅が広がる。
剣をグルグル回し、目を回させて開く扉 今度は目が三つになっている。
「これは もうちょっと長い剣が手に入ってから またここに来るのかな? 同じ神殿にも何度も来る事になるって
 誰かが言ってたから」
という とんでもない勘違い・・・
意味もなく グルグル回っていたが よく見渡すと 裏手に登れる草と 押していける足場を発見。
これを使って きちんと3つの目を同時に回す事が出来る。 よく出来てるもんだ。

檻の奥にハートのカケラを発見 檻を開けるラミエルを攻撃し 試しにビードルで取ろうとしたけど
ビードルで ハートのカケラは取れないようだ。

ツタにつかまってのターザン 外国のプレイ動画で 20分くらい落下を繰り返していたが
実際結構難しい。
なんだか 感覚と リンクが飛んでくれる距離感が違う。 これに気が付けば、 比較的簡単なギミックだと思う。
画面の下に出てくるガイドを見て しっかりと操作すれば大丈夫だと思う

そしてデザインの素晴らしい形の鍵を入手。
綱渡り、 綱渡り中にもAを押すと 早くなるようだ。

敵さんも ちゃんと綱を渡ってやってきます 攻撃して奈落の底に落としてあげましょう

そして、 その鍵を使い 大きな扉の中に そしてその中には・・・

「ん? 
 ・・・君は あの時の・・・

 ワタシの竜巻に弾かれながら無事な上
 こんな所まで来るとはね

 しかしまぁ どうでもいいんだよ 
 君なんぞは

 用があるのは この扉の奥から
 強い気配を感じさせている少女
 
 我々が雲の上からこの地へ引き込んだ 
 聖なる巫女・・・
 
 あぁ 自己紹介がまだだったね
 失礼した
 
 ワタシは君達が大地と呼ぶ
 この世界の現魔族長・・・
 ギラヒム

 きさくに
 ギラヒム様
 と呼んでくれてかまわないよ

「ほう? ワタシの邪魔をすると?
 君ごときが この美しいワタシの
 行く手を阻むと?

 本来ならば あの少女は
 既に我等の手中に
 あったハズ なんだよ?

 だがもう少しのところで
 忌々しい女神の老兵に
 かすめ取られてしまった・・・

 そのせいでね・・・

 ワタシは今・・・

 猛烈に!

 強烈に!

 激烈に気分が悪い!!

 誰にでもいいから!
 八つ当たりをしたくてたまらない!!

 まぁ・・・とは言え 君のような子供に
 ムキになるのも魔族長として
 どうと思うからね・・・

 全治百年で許しておいてあげる
 それ以下にはまからないよ」


 ・・・長い文章を読んでいただきありがとうございます。
たぶん全文これで合ってるはず。

 そんな ギラヒム様との戦い・・・ まぁ、あのマリオ等の生みの親である宮本茂さんを
そうとう苦戦させただけあった 結構手ごわかったです。 最初だけ。


「むん・・・ 少しはやるようだね
 けど それは君の実力じゃない・・・
 その剣に感謝しなくてはいけないよ

 遊びが過ぎたかな
 少女の気配が消えている・・・
 となればここにもう用は無い

 さよなら 空から来た少年
 もう許してあげるから
 二度とワタシの邪魔をしちゃだめだよ」

任天堂 流石です。

ハートのうつわをGET HPが100回復・・・これはスマッシュブラザーズですな
ハートが一つ増えて7つになる。

ギラヒム様曰く 少女の気配がするという部屋へ
天望の泉 とてもきれいな場所に出てきた。
こんなところでも 虫とりとルピー集めを・・・

ファイが フィギュアスケートのごとく 泉の上を華麗に舞いながら
なにやらありがたい文章を翻訳している。 すまん、詳しい内容は忘れてしまいました。
しかし、 これが本当のエキサイティング翻訳・・・
いや、ファンタスティック翻訳と私は言いましょう。

今回はタップリ (特にギラヒム様のセリフ) なので
後半へ続く
あっち <<前の記事  現在の記事  次の記事>> こっち

拍手[0回]

 HOME   次のページ>
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シロ
HP:
性別:
男性
職業:
フリーのプログラマー(笑)
趣味:
生きること
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/13)
(11/25)
Mii
(12/08)
(12/25)
(02/03)
広告


広告でーす
クリックしてもらえると
嬉しいです。
アクセス解析




こちらも広告なのです
クリックしてもらえるとうれしいです
忍者ツールズプロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました

フリーエリア
Admin / Write
忍者ブログ [PR]