忍者ブログ
私がプレイしたゲームの事について なるべく事細かに感想や思った事などを 書き連ねていきたいと思います。 ネタバレ全開になると思いますので。 ご覧になる際は注意してください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はニンテンドー3DS内蔵ソフト
「顔シューティング」について
論じていきたいと思う。

これまでの記事を読んでいただいた方ならちょっとは分かるとは思いますが、
私は文章を書くのは下手です。 それでも構わないという方は お楽しみください。

さて、その「顔シューティング」とは何ぞや と言いますと・・・
簡単にいえば、 
・3DSで顔の写真を撮る
・その撮った顔が3DSの画面を通してみた自分の部屋の中で
 ダースベイダ―みたいな兜やらタケコプターみたいなものをつけて
 襲いかかってくる(奥から手前へ)のでやっつける。
・そんな感じの3Dシューティングと言う感じかな

3DS本体を動かして照準を動かします。双眼鏡みたいに と言えば何となく分かってくれるかも
実際に双眼鏡みたいに目を近付けはしませんが、

とりあえず言う これは面白い。

撮影する顔は無表情の方がいいです、その顔が うまい具合に
・口をあけて飛んできたり
・キスをしようとして来たり
・他にも、3DS越しの自分の部屋の壁を突き破って顔が飛んできたり
とにかく、色々。

テンポとノリが良い。
3DSっぽいゲームだと感じる事が出来る・・・若干照準がブレるのだがそれはそれで
『橋に取り付けたC4を狙撃してシャゴ・・・を狙撃する』みたいな
精密な操作は不要なので照準のブレは気にするな。

3DS本体を動かして標的を狙うゲームなので 周りの状況には十分に注意、
まぁ、Wiiと同じで、そんなに激しい動きは要りませんので、

で、このゲームを遊ぶには顔写真が必要(まぁ、ただの風景写真とかでも大丈夫っちゃあ大丈夫だが)
けれども、
私以外に、顔写真を提供してくれる方がほとんどいない・・・
家族はゲームが嫌いになってしまっている。
弟はゲームがド下手 しかも今一人暮らしで遠くに行っている。

仕方がないので最初2回は自分の顔を撮ってプレイした。
3回目はアンチ任天堂の友人の顔を撮って遊んでもらった。 その友人もこのゲームは気に入ったようだ。

どうせなら バラエティ豊かな顔写真を撮って遊んだ方が面白くなるので、
色々な人に遊んでもらったり遊んだりした方がよろしいと思います。
「遊んでもらう」というそれ専用のステージがあったりもしますので。

私が撮影した顔・・・
私×2
アンチ任天堂の友人
ジャニーズ事務所の誰かの顔写真を写真に撮るという暴挙
松岡修造の顔写真を写真に撮るという(ry
カダフィ大佐の顔写真を写真に(ry
金正日総書記の(ry

まぁ、バラエティ豊かですね。
そろそろ年末年始、怒涛のイベントラッシュで親せきなど等が集結するので
その時にでも遊んでもらって
顔写真を増やそうと思います。

結構ステージは沢山ありますから。 結構難しい所などもあります。
ミスった時はヒントをもらえたり出来ます。

もう一度言う これは面白い。

あっち <<前の記事  現在の記事  次の記事>> こっち

拍手[0回]

PR
*Comment*
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<Mii   HOME   前書き>
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シロ
HP:
性別:
男性
職業:
フリーのプログラマー(笑)
趣味:
生きること
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/13)
(11/25)
Mii
(12/08)
(12/25)
(02/03)
広告


広告でーす
クリックしてもらえると
嬉しいです。
アクセス解析




こちらも広告なのです
クリックしてもらえるとうれしいです
忍者ツールズプロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました

フリーエリア
Admin / Write
忍者ブログ [PR]